007b277a.jpgここ2,3日は冬に戻った感じがしますが、まだまだ
 これくらいでは冬は終わらないと思いますが!

 今回はアレルギーの原因を探ってみます。
 食物アレルギーなどは大人にもあるものですが、特に小さな子供さんに
 多いのはどうしてでしょうか?また、大人になると改善されていく
 のはどうしてでしょうか?

 これは、食べ物と胃腸が大きく関係しているんですね。
 基本的にすべての食べ物は身体にとって「異物」であり
 アレルギーを起こしうるものです。しかし、実際は 
 大人になれば食べ物を摂取できています。
 
 それは、消化酵素の助けを借りて小さく分解され、小さくなって
 初めて小腸で栄養として吸収されます。当たり前のことですが
 人が食べ物をアレルゲンと感じないのも、この分解という
 プロセスのおかげです。十分分解できなかったときは体内に
 入ることができませんので下痢などになってしまいます。

 しかし、赤ちゃんや子供はこうした消化能力が未熟ですので
 十分に分解されず、大きな分子のまま体内に取り込まれて
 しまいますので免疫組織が異物ととらえてアレルギー反応が
 起こるわけです。
 
 ですので大人のアトピーの方も原因の一つとして胃腸での
 免疫組織がきちんと判断されてないことがあげられます。
 アトピー、アレルギーの方で胃腸の弱い人が多いのでは
 ないでしょうか?

 また、現代人は一昔よりも「アレルギー反応を起こしやすい
 身体に」になっているようです。
 その原因の一つとして考えられているのが「脂肪」の摂取量です。
 ハンバーグ、フレンチフライ、ビザ、アイスクリーム、油もの
 など加工食品と言われているものです。添加物入りの食品が
 アレルギーになりやすい体質を作っているんです。
 
 何気ない毎日の食事が今の自分の状態、子供の状態を作って
 いるんですね!
 食事を変えたからといってすぐにアトピーや肌が改善される
 ものではありませんが、今食べているものが自分自身を
 作っているのを忘れずに食事を摂ってください。

    健康の中国茶専門店 チャイパはここから