763cb231.jpg
☆☆★アトピー初心者へ★☆☆ - livedoor Blog 共通テーマ

食品の中でもっとも危険(!)なものといえば、やはり「ハム、
ソーセージ、サラミ」をあげざる得ないと思います。
「赤ウインナー」は食べないほうがいいよ!と言われて
いるのを聞いたことがありませんか?


普通、成分表を見てみると
<注意する添加物>
○ 発色剤 「亜硝酸ナトリウム」
○ 結着剤 「リン酸塩」
○ 保存料 「ソルビン酸、ソルビン酸カリウム」
○ 着色料 「タール色素」

などが表示されていることが多いと思います。
今度、買い物時に確認してください。

亜硝酸ナトリウム(亜硝酸NA)は現在使われている添加物の
なかでもっとも危険なものと言われていて、
酸化防止剤の「ソルビン酸ナトリウム」は強い変異原性が
あるといわれています。

ハムやウインナーを焼いて食べたりすると大変美味しいですし
お弁当なんかに入っているとうれしく感じますが
何気に買うハム、ウインナーにも注意を払ってください。
スーパーでも<亜硝酸NA>などを使っていないハムもあります。
できればそのようなハムを買うようにしてください。

小さい子供がアレルギーや大人が乾燥肌になる原因の
一つだといわれています。

どうしても添加物の多いハム、ウインナーを食べる場合は
料理する前に一度お湯につけてください。添加物の4割が
溶け出すといわれています。
<コンビニ時代の食品添加物>より

特に子供さんには値段よりも安心なものを
食べさせてください。

              つづく

 博多の健康茶専門店 チャイパはここから