12edbd5f.jpg

アトピー性皮膚炎 - livedoor Blog 共通テーマ

もう、師走ですね!うわー一年の過ぎるのが早い!
今年もとりあえず「年末ジャンボ」は買う予定です。
あんまり多くは要りませんが、多少は?と思う日々です!

今回はもう一度、アトピー改善のポイントを書き出してみたいと
思います。

○ からだに侵入したウイルスなどの異物を排除する働きを
  担っているのが<リンパT>といわれるもので、その中には
  2種類に分かれて<T1、T2>この二つのバランスが
  うまくとれないことが原因でアレルギーになってしまう
  んですね!特に、<T1、T2>の割合はおよそ3歳までに
  きまりその体質は大きくなってもあまり変わらないそうです。

○ <T2>の比率が高い状態では、外敵の侵入に対して抗体を
  作る働きが過剰になります。そこで、<T1>の比率が高い
  健常状態に戻し、過剰な反応がおきないように調節することが
  体質改善のポイントです。

○ その<T1>を高めるには菌類がよく、納豆菌や乳酸菌、
  キノコに含まれる担子菌などには体質改善の効果も期待
  されています。<霊芝>はその中でもおすすめです。


○ 菌類にはカラダに害がなく、アレルギー体質改善に効果の
  高いものがあり、納豆菌や乳酸菌、キノコ類などが
  それにあたります。
  T1とT2の増減には個人差がありますが、腸内細菌を健康
  にして、アレルギーの出にくい体質にする可能性がこれらの
  食品には含まれています。
  (当店の健康茶には霊芝など含まれています!)

○ 腸内細菌をきれいに保つためには、カラダにいいもの! 
  胃腸に負担を掛けないものを胃腸にいれる必要があります。
  化学調味料や添加物、加工食品などは腸内細菌のバランスを
  壊してしまいます。今、日本の食は添加物で腐らなくなり
  ましたが、人間のカラダに問題を起こすようになりました。
  
 
  アレルギーはカラダの拒否反応です!ステイロドなどのクスリは
  カラダに出た症状を治すのであって根本を解決するわけではあり
  ません。解決するのは家族や自分自身です。
  そのためには、日ごろからきちんとした「食」を考えていくのが  
  アトピー、アレルギーの改善の近道だと思います。

  いま、食べてるいる食事がカラダになっているのです。スナック
  菓子やファーストフードで作られたカラダはホントのカラダで
  しょうか??添加物や着色料の食べ物を食べてホントに健康に
  なるのでしょうか?
  まずは自然な食事をこころがけて、カラダのなかのバランスを
  とる乳酸菌や健康茶、納豆菌などをとることが大事だと思います。
  クスリはその次の段階ではないでしょうか?

  アトピーはクスリだけはなく、「食」もあわせて改善する
  病気です!!


   博多の健康茶専門店 チャイパはここから!!

My Yahoo!に追加