7dceb5c9.jpgそろそろ、梅雨の時期に入ろうとしてますね!
   福岡も週明けから梅雨に入りそうです!
   雨は必要ですが、あんまり毎日は勘弁して
   欲しいですね!

             博多の健康茶専門店 店主 



   ○ 食品汚染とアトピー 添加物の害

       

  
   食品添加物の中で
   着色料と保存料が最も危険とされています。

   イギリス最大の小児病院・
   グレート・オーモンド・ストリート病院での
    研究によると、
   すぐにケンカしたり暴れたり、
   まったく勉強する意欲がない子どもたちの
   食事調査をしました。
   76名の子どもたちを対象に添加物だらけの
   ジャンクフードを除いた食事にしたところ、
   81%の子どもたちに際立った
   改善が認められたといいます。
   これほど影響する添加物が
   体に影響しないはずがありません」

   こううした化学合成の添加物は、
   子どもたちの発育に害を及ぼすだけでなく、
   蓄積されればアトピー、
   やがて発ガン性を有して、
   心と体を蝕んでいくわけです。
   もっとも注意すべき添加物は、
   ハムやほうれん草などを新鮮に見せる
   発色剤や着色料だということです!

          関根進著より
  
   アトピーや花粉症は特に日本で大変多いです。
   他の国々の方はそれほどはありません。
   他の国々では食品にそんなに添加物を使って
   いません!日本は食品が腐らないように添加物
   をふんだんに使います!物が腐るのは悪いこと
   でしょうか?
   安全な食を考える時期に来ていると思います!

   
 
  
    ■今日の健康実践■

   

   〇 添加物の「発色剤」とは?

  合成保存料の<ソルビン酸>と<発色剤の亜硝酸塩>の
   発ガン性が問題になっています。
   食品の添加物の欄を見ると、
   よく書かれてある添加物ですね。
 
   ハムやウインナーの成分表をごらんください
   大抵記入されています。
   ハムや肉によく使われる亜硝酸塩(発色剤)と
   アミン類が一緒になると
   強力な発ガン性のある
   ニトロソアミンという物質ができます。

   このアミン類というのは
   タンパク質でアミノ酸の一種です。
   ソルビン酸だけでも発ガン性が確認されて
   います。
   確かに、すぐにカラダに異常をきたすもの  
   ではありません!

   今度、ハム類を買うときにちょっと確認
   してください!<ソルビン酸、亜硝酸塩>

   こんなものを、子供が食べ続ければ胃腸から
   の拒否反応がカラダのどこかに出るのは当然です!!


    添加物などの毒をカラダからだすのに「どくだみ」は
   昔から飲まれています!昔から飲まれているものって
   いいんですね!当店の「やすらぎ茶」はもちろん入って
   ます!

     博多の健康茶専門店 チャイパはここから